レザージャケットの色落ちを自分で補修してみた

日々のこと。旅行のこと。
フランス人の定番スタイルといえばレザージャケット。
私もフランス人のスタイルを真似たくて、
結婚したばかりの頃に、黒革のブルゾンを買いました。

ほとんど1年中着ています。
夏でも朝夜は冷え込むので、Tシャツの上に羽織るし
冬はコートの中に来てもいいし

そして約8年着続けた結果、
だいぶ色が抜けてきてしまいました。


使用前

使用前 肩



そんなときは、
解決策をグーグルで検索。

専門店で染めてもらうとやっぱり高そう、、

さらにあちこちのサイトを徘徊した結果、

自分で補修できる!
フランスのSAPHIR(サフィール)というメーカーのクリームが優秀らしい!
SAPHIRjapon Prime Avenue

ということがわかりました。

ネットで高評価だったこちらの組み合わせを
早速注文。
P_20180430_141607.jpg
この2種類を混ぜて使うのが塗りやすいとのこと。

ちょっとドキドキしながら
ゴム手袋をして
クリーム2種を小皿で混ぜて、
(crème rènovatriceとcrème universelleを1対3くらいで配合。)
いらないスポンジで薄ーく全体にのばしてみました。

いいかんじ。
すぐに革に馴染むし、
ケチって薄く塗ったからか、すぐに乾きます。

でも
一番色が抜けていた肩の部分などはちょっと物足りなかったので、
今度は色落ちの激しい箇所だけ、
crème rènovatriceを直接スポンジに取って塗ります。

1回目前

おお!ナチュラルな仕上がり!

すでに満足でしたが、
まだちょっとくたびれた感じだったので

少し時間をおいて、
もう1度2種類を混ぜて全体に塗りました。

完成!

2回目前

2回目肩


これ以上塗ると新品みたいにピカピカした感じになりそうだったので
私はこれで乾かして終わりにしました。

すごく簡単。

クリームの臭いが気になるという方もネットで見かけましたが
私はそんなに気にならないですよ。

乾かした後に念のため布でこすってみましたが
色落ちもなさそうです。

あと、私の場合は黒でしたが、
このクリームは実は40色以上から選べるのも人気の秘密です。
クリームを混ぜて色を作ることもできます。


お気に入りの革製品の色が変色してしまった、
というときには本当におすすめ。


革製品は高価ですから、お手入れして長く使っていきたいですね。


今年は新しい革ジャン買わなくちゃ、、と思っていたので
思いがけず安く直せてしまって
とっても嬉しいです。




嬉しくなって、ついでに靴とかバッグの角も補修してみました。やっぱり黒は便利。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


追記:その後、2週間ほど着用していますが、臭いもほとんどしませんし、色落ちもしていません。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://simpleginger.blog.fc2.com/tb.php/52-1fb69b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 西の旅魔女 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ